園芸・渓流釣り・温泉

厚かましい探究心





焚き火でイワナを焼く

木の枝でも篠竹でも良いが、適当な代用の串を見つけて、イワナを
遠火で焼く。これがイワナ釣りの醍醐味の一つとも言える。




 先に5年目の挑戦と書いたが、私の目的の場所は、人を寄せ付けない残雪の障害が
真夏以外は通年有る場所であるという事と、自分の休日との関係で8月の中旬、唯一
1年に一度しか行けない場所であった。

 そこは、北アルプス・黒部川本流・下ノ廊下、本流右岸に合流する餓鬼谷と棒小屋沢
との中間点、仙人ダムの少し上流に流れ込む「東谷」である。

この沢に、虎視眈々とイワナ釣りの狙いを付けたのには訳けが有った。それはある人物
との出会いが発端だった。

 当時私はテンカラ釣りに夢中になっていた。テンカラ釣りは、弾力のある竿と自分で
捲いた毛バリで釣る古来からの職漁師が用いていた釣法である。


 



 ある時、たまたま目にした釣りの本で、北アルプスを本拠地に嘗てイワナ釣りの職漁師
だったS氏の存在を知った。それには、山の様子、山での生活、毛バリ釣りの道具、釣り
方、イワナの保存方法などが写真入りで詳述されていた。

実際に釣りを生活の糧としていた人の生き様、その内容には迫力があった。当時毛バリ
釣りにのめり込んでいた私を捕えて離さなかったのである。

 果して、プロの「テンカラ釣り」とはどんなものなのか、もっと具体的に知りたくなった。
自分は、一度思い立つと矢も盾も堪らずに行動する癖があり、直接S氏に会ってみた
くなった。

 即実行、厚かましくも訪ねてしまったのである。


職漁師宅訪問





黒四ダム寄りの本流




 S氏宅を訪ねたのは禁漁の後で確か10月上旬だった。場所は、3.000m級の北アル
プスが間近に見える信州の「大町」である。

 訪ねた時、S氏は留守だったが奥さんが応対してくれた。不意の訪問だし失礼かと思
い手短に訪ねた訳けをお話して帰ろうとしたが、直ぐ戻るからと親切にも私を引き留めて
くれた。近くの山に松茸を採りに行っていて間もなく帰るからと言う事だった。

「北アルプスは見えるし、広々してて良い所ですね。」「埼玉から来たんですよ」「畑をやっ
たり、悠々自適で羨ましい」などと、どうでも良いことを奥さんと話している内に、暫くして
奥さんが言う通りに年配の男が腰に魚篭を携え地下足袋姿で戻って来た。

初対面であったが一見して、その身のこなしと雰囲気から彼がS氏と判かった。

よく見ると腰の篭は魚篭ではなく少し大きめの山菜篭だった。松茸狩りに、入れ物は魚
篭でも良いようなものだが、私のイメージの影響は強い。

S氏が元職漁師という概念による錯覚、私は「釣り」で充満していて瞬間的に腰の篭が
「魚篭」に見えたのである。

 奥さんは何かボソボソと阿吽の呼吸で話をしていた。「其処に居る男がこれこれこういう
訳で訪ねてきた。」と言っているらしい。そして、トーンを上げて、「どうだった?」と言った。

松茸の収穫を確認しているのだろう。よく聞こえなかったがS氏は「ムニャムニャ」。  
松茸は採れなかったようだ。




 





 一般的に職漁師というと武骨な人物をイメージすると思うが、実際は違っていた。

冬は雪原に動物を追い、春から秋には黒部川源流でイワナを釣り、想像を絶する過酷
な自然の真っただ中で生死をかけて生活していたのだから、ギラギラした男臭い人物
だろうと想像していた。

 ところが、お会いしてみると、どことなく上品で鯔背な感じの人物だった。当時70歳代
のその風貌は、思うに「無駄な力を捨て去った後の穏やかな姿」だったのである。

辛辣でシビアな道を潜り抜けて来た人ほど「当りが柔らかくなるのかな」と思った。稀に虚
勢を張るキツイ感じの人がいるが、多分、逆の環境で生活していたのかも知れない。

「あなたの著書を読み、自分は以前から渓流釣りをやっていて、最近テンカラ釣りを始め
たがプロの釣りはどういうものなのか知りたくて、、、。」



水平道の梯子

要所要所に丸太の梯子が造られている。毎年点検して危険な
箇所を補修しているらしい。目的の場所へ行くには、この梯子を
攀じ登って通過しなければならない。




 最初は不意の来訪者に怪訝な様子だったが、少しの間を置いてからS氏は居間に通
してくれて、快く応対してくれた。そして、針の種類、毛バリの捲き方、ラインの作り方、
渓流での動作・釣り方、などの概略を説明してくれたのである。

素朴でシンプルな「仕掛と釣り方」の内容を記憶している。それと、この時、思いがけずも
「東谷」にイワナが棲息しているらしき事を耳にしたのである。

 今でも、その時戴いたS氏自作の「毛バリ」と「ライン」は大切に保管してある。針は、海
釣り用のカイズ針に茶の鶏の毛を簡単に捲いたもの、「ライン」は、黒の馬素を撚ったもの、
竿は想像よりも胴調子(3:7位)の、昔の竹竿を忍ばせるような柔軟な感じで腰の強い
(弾力の有るグラスロッド)3m程のものだった。

 あとで、その時のラインを使ってみると、不思議に良い感じで水面に毛バリが絶妙に落
下して着水する。「よし!それでは」とそのラインを見本に、同じような感じのラインを作っ
てみた。

だが、どうしても同じようには作れなかった。中空の馬素とプラスチックの糸とでは、やはり
違うらしい。

 私は、自分の仕掛けや今までの経験、釣り場、その他をS氏にかいつまんで話した。
そしてその時、S氏が独り言のようにボソボソと言った。

「昔、ダム下の東谷に結構イワナが居たな、、、。」

S氏の言葉や一挙手一投足に注目している私が、これを聞き逃がす筈はなかった。







トップページ 目 次(site map) 趣味は生きがい 百舌鳥(もず) ビニールハウスの作り方 contact