園芸・渓流釣り・温泉

泉質と温度






上の写真は条件にマッチしていました。街なかの湯と違い雰囲気がよかったです。

設備はパッとしませんが、温泉ですからその方がいいです。設備だけの整った所な
らば他に沢山ありそうです。

あれもこれも必要となると難しいですね。温泉露天風呂の良い条件の三つは、温度
が高いこと・天然源泉であること・掛け流しであることです。

以前に、ある温泉で酷い目に遭いました。温度が異常に低かったのです。まるで池に
入っているようでした。真夏でしたが寒くて早々に出ました。

風呂の側面には緑の苔のようなものが付着していて、錦鯉も飼えそうな温度(多分
25〜30度位?)でした。二度とその温泉には行く気がしません。

泉質は、透明・塩化物・硫黄・鉄分・その他いろいろあります。含有された鉱物など
で温泉の湯の色が違って雰囲気も変わります。「自分はこの泉質が好み」だとか人
によって感じ方が異なります。なので、この泉質が最高だと言い切れません。

その他の条件、湯の温度・サービス・周辺の景観・清潔感などを総合して自分好み
の温泉を簡単に見つけるのは結構むずかしいです。

これから時間をかけて、いろいろな温泉を紹介して行きたいと思います。一つの温泉を
できるだけ詳しく、感じた事を掲載する予定です。



 







トップページ 目 次(site map) 趣味は生きがい 百舌鳥(もず) ビニールハウスの作り方 contact