園芸・渓流釣り・温泉

巣を作り巣立ち


 二ヶ月ほど前ですが、シジュウカラが巣を作り始めました。

巣箱を自宅の桂(カツラ)の樹に取り付けて野鳥が巣を作るのを楽しみに
待っていましたが、用心深いのかなかなか作りませんでした。

実に、営巣まで約二年も掛かりました。

二尾のシジュウカラが交互に巣を作り始め、やがて、餌を運び始めたのです。

その時の写真が下の写真です。




毎朝、飛んで来ました。


メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキのいずれかを想定してましたが、
シジュウカラでした。

営巣まで、たまたま二年も掛かったのか、普通は数か月なのか、よく判り
ませんが、それにしても二年は長すぎました。

巣箱の設計が良くなかった、巣箱を設置する高さが悪かった、巣箱を設置した樹
の種類は別の方が好かったのか?

いろいろ考えてなかば諦めていました。

ところが、直径27ミリの出入り口の穴の中に何か動いているような物影
に気づき、注目していると紛れもなくシジュウカラが箱の中に入って行く
ではありませんか。

なんとなくうれしくなりました。



現在は、おぼつかない小さな羽で飛ぶ巣立ちのヒナ鳥を目の当たりにして
おります。まだ、チチ--チチ--チチチと警戒音を発する親鳥が監視してい
ます。

営巣を始めたときは、蛇にやられないか、モズに襲われないかなど心配し
ましたが、取りあえず巣立ちました。


「これからは自分でエサを探して生きて行くんだ!」

親離れしたシジュウカラが無事に成長する事を願っています。




本当は可愛いヒナの写真も掲載したかったのですが、良い写真をとるのは
至難の業です。


トップページ 目 次(site map) 趣味は生きがい 百舌鳥(もず) ビニールハウスの作り方 contact